ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2012年度

来春卒業予定の高校生へ!不動産豆知識本「ハトの豆本」を寄贈!

 2012.12.14

 平成24年12月10日(月)午前10時、藤花学園尾山台高等学校1階「校長室」で、「ハトの豆本」贈呈式を執り行い、300部を寄贈致しました。
 この「ハトの豆本」は、進学や就職で初めて一人暮らしすることになるであろう、来春ご卒業を控える多くの高校3年生の皆様を、賃貸借トラブルから守るため、必要な賃貸借知識を事前に身につけて頂き、有意義な一人暮らしを送って頂こうという主旨で、地域貢献事業として一昨年度より実施しているものです。

 贈呈式では、藤花学園尾山台高等学校 山下一夫 校長へ、石川県宅建協会 竹村茂一 副会長より、「石川県宅建協会も平成25年4月1日より“公益社団法人”へ移行することから、今後、より一層ハトマークの会員店とともに地域支援に尽力したい。ぜひお役立て下さい」との言葉とともに「ハトの豆本」が贈られました。

 同行した石川県宅建協会 吉澤啓爾 広報流通委員長からは、「石川県宅建協会が毎週水曜日に実施している不動産無料相談で、最も多く寄せられる相談案件が、賃貸借に関する原状回復トラブルであり、高校生の皆さんにとっては、初めての契約・法律行為になることからも、そういったトラブルを回避するために必要な生活知識を身につけることは大変重要である」旨述べられました。
 山下校長からも、「生徒だけでなく、ご両親も大変喜ばれることであろう」との謝意が伝えられました。

 この「ハトの豆本」は、年内に順次、県下高等学校へ送付させて頂く予定です。


小松市との官民懇話会を実施!!

 2012.12.13

 平成24年11月30日(金)、小松能美ブロックの役員の皆様が主体となり、同ブロックの升田英治ブロック長が座長を務め、小松市と「官民懇話会」を実施致しました。

 小松市からは、和田愼司 市長をはじめ、都市創造部より西口次長、同部建築住宅課の島多参事、同部まちデザイン第一課の小林課長等が出席し、活発な意見交換がなされました。

 特に平成27年春に開業を控えた北陸新幹線金沢開業に向け、いかに金沢から小松へ人の流れを誘引するか、加えて、北陸新幹線の敦賀延伸が決定し、市内敷設工事に伴う南加賀地域での代替地需要を早期に効率・効果的に処理しなければ、人口流出・市内空洞化を招く恐れがあるということを共有し、宅建協会と連携して事にあたっていく旨確認がなされました。
 また、小松空港との連携についても慎重に協議していかなければならない旨併せて確認されました。

 その他、指定区域の緩和に係る市の方針確認並びにJR粟津駅前地区の土地区画整理事業等についても、意見が取り交わされました。


平成25年度税制改正及び土地住宅政策に係る要望提言活動を実施

 2012.11.22

 全宅連からの要請に基づき、他全国46都道府県協会と連携し、平成24年11月17日(土)、18日(日)の両日、「平成25年度税制改正及び土地住宅税制に係る要望提言活動」を実施致しました。

 すでにご案内の通り、今年8月に「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税等の一部を改正する等の法律」が国会にて成立し、平成26年4月に8%、平成27年10月に10%と段階的に引き上げられることが決定されております。

 このような状況の中、全宅連並びに石川宅建を含む全国47都道府県協会では、税率引き上げ時に住宅取得の税負担を増加させないような軽減施策の検討など、税制調査会等の主要構成員を中心に、業界団体の責務として提言活動を行っているものです。

 今回の提言活動では、消費税率引き上げに伴う住宅取得時の負担軽減のほか、各種適用期限を迎える特例措置の延長等、幅広く提言し、業界の現状、消費者や業界関係者の声、ひいては不動産・住宅政策の重要性について、関係者にご認識頂きました。


優勝は「旭丘FC」!!ハトマーク杯第3回8人制サッカーU-10大会を開催!!

 2012.11.15

 平成24年11月10日(土)、11日(日)、七尾市和倉温泉運動公園多目的グラウンドサッカー場にて、「ハトマーク杯第3回石川県8人制サッカーU-10大会」を開催致しました。
 主催は、私共石川県宅建協会と石川県サッカー協会様、主管に石川県少年サッカー連盟様、後援に北國新聞社様、北陸放送様、北陸朝日放送様、協力にモルテン様です。


 8人制サッカーは、ボールタッチの回数やゴールに接する機会が増えることで、選手育成に非常に有用な制度として、近年普及しているものです。加えて、今回の会場となった多目的グラウンドサッカー場は、皆様ご存知の“ツェーゲン金沢”の練習グラウンドとして使用されているものです。

 大会初日は、時折小雨が降り、美しいの虹が七尾湾に架かる中、まず開会式が行われ、石川県少年サッカー連盟 木下和吉 会長が開会の挨拶を述べ、主催者を代表して石川県宅建協会 吉本重昭 会長が祝辞を述べた後、太白台FCの中嶋浩晴 主将が、大変立派な選手宣誓を行い、その後、U-10(小学校4年生以下)の選手達により、1回戦、2回戦、フレンドリー戦が繰り広げられました。


 2日目は、初日と比べ、幾分風が強く、気温も低いコンディションの中、ベスト4に進出した額、旭丘、ビバーチェ、美川により、優勝杯を争う熱戦が繰り広げられました。
 その結果、優勝は「白山地区の旭丘FC」、準優勝は「同じ白山地区の美川FCジュニア」、第3位は「金沢地区のFCビバーチェジュニア」、敢闘賞は「同じ金沢地区の額サッカースポーツ少年団」となりました。

 
 海風が強いコンディションの中、一生懸命プレーしてくれた選手の皆様、そして指導者・保護者の皆様に心より感謝を申し上げます。
 本当にありがとうございました。
 私共、石川県宅建協会も、選手の皆様の健やかなご成長を心より祈っております。



   




 


“加賀温泉駅前広場”清掃ボランティアを行いました!

 2012.10.29

 平成24年10月27日(土)午前10時より、南加賀(加賀、小松能美)の会員、約20名が集まり、加賀温泉駅前のゴミ拾いを行う清掃ボランティアを実施、小さい子も一緒に気持ちの良い汗を流しました。
 当日は、ユートピア加賀の郷の観音様が見守る中、朝から秋晴れで、加賀温泉郷の入口となる加賀温泉駅には、多くの観光客が行き交っていました。

 清掃箇所は、駅前広場だけでなく、隣のアビオシティ加賀等、周辺でも実施。学生から観光客まで幅広く乗降客が多い加賀温泉駅前広場ということもあり、タバコの吸殻や飲物のカラ、パンなどの食べ物の袋が多く、日頃清掃が行き届いている加賀温泉駅前広場でしたが、参加された会員の皆さんは手の届かない植え込みの中に隠れているゴミも中に分け入って回収しました。

 県内を網羅するハトマークの会員店と宅建協会では、今後もこのように県内各所で清掃ボランティアを行う予定です。
 会員の皆様におかれましては、今後も是非ご参加下さるようお願い致します。
 ご参加された会員の皆様、本当にお疲れ様でございました。

     

 


 |  1  |  2  |  3  |  4  | 次ページへ→

入会のご案内