ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2014年度

金沢税務署長より「感謝状」を授与!!

 2014.5.27

 平成26年5月26日(月)午後3時より、石川県不動産会館2階「役員室」にて、金沢税務署長から感謝状の授与を受けました。

 この感謝状は、県内の不動産業者の約8割が加盟する石川県宅建協会が、傘下会員に対して「発送物」や「各種研修会」「メールマガジンやホームページ」等で機会あるごとに税制改正情報の周知や納税義務に関する啓発、加えて、ハトマーク会員店の店頭窓口への設置や掲示をお願いすることで、顧客・消費者の皆様へ対する二次的な周知の役割を担ったことなど、会員業者と一体的に取り組んだ税務行政への協力が評価されたことによります。
 この場をお借りしてご協力頂きましたハトマーク会員店各位に御礼申し上げます。
 石川県宅建協会では、これからも宅地建物取引に密接に関係した税制分野の周知・啓発に取り組んで参ります。

 ⇒ 北國新聞、北陸中日新聞、建設工業新聞

 


白山市建設部との懇談会を実施!!(ブロック白山官民懇話会)

 2014.5.26

 平成26年5月22日(木)午後3時30分より、松任総合運動公園体育館1階「集会室」において「白山市における開発行為、住宅補助金、都市計画」等をテーマに、ブロック白山の協力を得て、白山市建設部の皆様と懇話会を開催致しました。
 懇話会には、白山市周辺を商圏とする会員業者約30名が参加し、事前に集約した質問事項を元に白山市建設部よりご回答を受けるとともに、白山市の定住支援策、都市計画施策等に関する説明を受けました。
 質疑応答では、全国的にも問題になっている空き家問題や自治体間での定住人口の取り合いに関する質問があり、白山市 長谷川 建設部長より「本年度より白山市に空き家対策室を設置し、重点事項として取り組んでいく」旨説明を受けました。
 当協会では、これからも白山市と連携して、住みよいまちづくりに取り組んで参ります。

 


i-system2に業務関連書式(売買)出力機能を追加しました!!

 2014.5.8

 既に個別コンテンツでご案内させて頂きましたが、会員の皆様にご利用頂いている当協会の流通システム「i-system2」に業務関連書式出力機能を追加致しました。
 このシステムは、当協会が独自に開発したもので、登録した物件を一般公開サイトである「8100.jp(ハトまるくん)」や宅地建物取引業法に基づく「レインズ」、又、民間大手物件検索サイトへワンクリックで転送することができます。

 現在、WEB上でご登録頂いた物件情報から出力できる書式は、「不動産売買契約書(一般売主・業者売主)、重要事項説明書(売買用)の2種類3書式です。
 今後も、会員の皆様の更なる利便性の向上のため、順次、出力可能な書式の追加や出力項目の追加を図って参ります。
 当協会の流通システム「i-system2」をご利用になりたい事業者様は、是非当協会にご入会下さい。
 


平成26年度第1回法定講習会を開催しました。

 2014.4.21

 平成26年4月16日(水)、石川県地場産業振興センター2階「第1研修室」において、宅地建物取引主任者証の更新要件である平成26年度第1回法定講習会を開催致しました。
 この講習会は、当協会が石川県からの委託を受け、長年実施しているものです。
 年度当初ということで受講生の皆様も大変慌しい中での受講であったことと存じますが、100名を超える受講生が熱心に講習を受けておられました。

 冒頭、ご挨拶頂いた石川県土木部建築住宅課の吉村 翼 専門員からは、法定講習会の意義や宅地建物取引業免許・主任者制度の重要性、専門家としての責任等、消費者保護・コンプライアンスの観点からご指導頂き、受講生もその重要性を再確認していたようです。
 会場である石川県地場産業振興センターは、リニューアルされ、大変綺麗になっていました。
 受講された皆様、大変お疲れ様でございました。
 


←前ページへ |  1  |  2  |  3  |  4  | 

入会のご案内