ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2015年度

「空き家対策セミナー」を開催しました!!

 2016.2.16

 平成28年2月13日(土)午後1時より、石川県地場産業振興センター新館1階「コンベンションホール」において、国土交通省空き家管理等基盤強化推進事業の一環として「空き家対策セミナー」を開催致しました。
 当日は、足元の悪い中、土曜日の午後という貴重な時間であるにもかかわらず、空き家所有者とそのご親族・空き家の近隣に住む地域住民・地域の自治会長・行政職員など102名の皆様にご参加頂きました。

 冒頭、主催者を代表して、石川県宅建協会の吉本重昭 会長より、「昨今の社会動態を鑑み、空き家問題は地域にとって大変重要な課題であり、国・県をはじめ地域を上げて全国的に取り組まれている。石川県宅建協会でも石川県の要請を受け、空き家総合相談窓口を開設して悩んでおられる空き家所有者等の一助となるべく鋭意取り組んでいる。」旨挨拶がなされました。

 セミナーでは、まず、石川県宅建協会 新谷健二 専務理事より、全国並びに石川県の空家戸数の推移等を踏まえたうえで空家対策特別措置法の概要が説明され、その中で、どのような状態のものが「特定空家等」として指定され、改善勧告に従わない場合は固定資産税の住宅用地軽減特例の解除対象となり、命令に従わない場合は代執行による除却もあり得ることなどが説明され、「空き家全部が悪いというわけでなく、管理されず放置されたままの特定空家等が問題」であると指摘しました。

 次いで、同じく石川県宅建協会 吉澤啓爾 常務理事より、石川県宅建協会が取り組む「空き家総合相談窓口」の概要について説明があり、相談者の年齢層や相談対象となっている空き家の築年数、売買・賃貸・解体など相談傾向及び相談事例が紹介され、併せて相談窓口の受け皿として、協力会員業者が空き家の管理を代行する「空き家管理パック」について説明がなされました。

 休憩を挟み、第二部では、石川県司法書士会 広報部長の森 欣史 司法書士(金沢みらい共同事務所)より、「空き家を取り巻く法律相談」と題し、講演がなされました。講演では、「登記が数世代前のままの空き家の取扱い」や「認知症を患った両親所有の空き家の成年後見制度を利用した取扱い」、「隣地との境界が不明確なままの空き家の取扱い」などを法的側面からご自身の著書『相続百人一首』になぞらえてご説明頂きました。

 セミナー終了後は、石川県司法書士会(法律)、北陸税理士会(税務)、石川県建築士事務所協会(構造・改修)、石川県構造物解体協会(解体)のご協力を得て、「個別相談会」が開催され、十数名の方が具体事例についてご相談されていました。
 石川県宅建協会では、これからも「石川県空き家総合相談窓口」として、国・県・市町、関係団体等と連携し、空き家対策に取り組んで参ります。

〔記事掲載〕
 ⇒ 平成28年2月14日(日)朝日新聞朝刊(石川)第25面
 ⇒ 平成28年2月14日(日)北國新聞朝刊 第3面

〔当日資料の一部〕
 ⇒ 空家対策特別措置法と空き家相談(宅建協会)
 ⇒ 空き家を取り巻く法律相談(司法書士会 森 欣史 広報部長)
 ⇒ 石川県空き家総合相談窓口のご案内パンフレット







第30回石川県宅地建物取引業税務連絡協議会を開催しました!!

 2015.12.21

 平成27年12月11日(金)午後2時より、石川県不動産会館3階「ホール」において、金沢国税局及び県内5税務署の担当官等の皆様にご出席頂き、「第30回石川県宅地建物取引業税務連絡協議会」を開催致しました。
 この協議会は、宅地建物取引業に係る税制等について、双方の要望・要請等の場であるとともに、情報共有・意見交換を行う協議会として、今年で30回目を迎える歴史ある協議会です。

 冒頭、石川県宅建協会 吉本重昭 会長より、協議会開催に係る御礼と当業界からの平成28年度税制改正に係る要望内容等について説明がなされ、次いで、金沢税務署 荒井智弘 署長より、30回という節目を迎えた協議会に対する祝意とこれからも適正な税務行政の継続することで連携を深めて参りたい旨、ご挨拶を頂戴致しました。

 引き続き、協議事項に移行し、まず、税務当局側からの要望事項として、金沢税務署 統括国税調査官より次の9点の申し入れがございました。
 ① 国税庁HP「確定申告書等作成コーナー」の利用促進
 ② 譲渡所得の申告者に対する助言依頼
 ③ 会報紙への税に関する広報文の掲載依頼
 ④ 土地評価精通者意見価格書の提出依頼
 ⑤ 売買契約書等に係る印紙税の納付指導
 ⑥ 不動産等の譲受けの対価の支払調書の提出
 ⑦ 税務相談の事前予約制の推進
 ⑧ 社会保障・税番号制度の概要説明
 ⑨ その他(徴収部からの滞納の未然防止協力等)
 
 次いで、石川県宅建協会からの要望事項として、各所管委員長より次の3点について申し入れを行った後、意見交換に移行しました。
 
 ① 法定講習会への講師派遣協力の継続
 ② 業鵜研修会への講師派遣協力
 ③ 土地評価精通者の受託継続依頼
 ④ 宅地建物取引における個人番号等を取扱う事例の提供依頼

 税務当局からは、会員の皆様が宅地建物取引に携わる際に「譲渡所得の申告者に対する助言」「印紙税の納付指導」「譲受けの対価の支払い調書の提出指導」等、エンドユーザー等取引当事者に対し、宅地建物取引の専門家として指導・助言することを希望しており、石川県宅建協会としても適正取引及び適正課税の推進のため、会員の皆様にご協力をお願いさせて頂きたい重要な課題です。

 今後とも、適正取引の推進、適正課税の推進にご理解とご協力をお願い致します。


優勝は「Riopedra加賀FC U-12」!!

 2015.10.26

 平成27年10月24日(土)、25日(日)の両日、白山市の松任総合運動公園グラウンドにて、「ハトマーク杯第6回石川県8人制サッカー U-10大会」が開催されました。
 この大会は、能登、金沢、白山、加賀の県内4地区で年間リーグを戦い抜いた上位16チームによる決勝大会に位置付けられている、U-10(小学校4年生以下)の最高峰の大会となります。
 
 また、8人制サッカーは、通常のサッカーと比べ、ボールタッチの回数やゴール前の機会が増えることにより、選手育成に有用とされている制度で、当協会では石川県少年サッカー協会、石川県少年サッカー連盟と連携してその普及に努めています。

 大会第一日目、少し気温は低めでしたが、秋晴れの非常に良い天候の下、午前9時より開会式が行われました。
 開会式では、まず石川県少年サッカー連盟の内記武志 理事長より開会宣言がなされ、次いで昨年度優勝チームである美川FCジュニアの村田紘望キャプテンより優勝杯であるハトマーク杯が返還された後、大会委員長である石川県少年サッカー連盟の木下和吉 会長より挨拶がなされ、次いで主催者である石川県宅建協会の吉本重昭 会長より祝辞が述べられました。

 ここで、サプライズとして白山市の山田憲昭 市長より「第6回大会開催へのお祝い、選手達への激励のメッセージ」が寄せられており、石川県少年サッカー連盟の北 通雄 副理事長により代読されました。
 開会式の最後に、セブン能登ジュニアの山岡康平 キャプテンにより大変立派な選手宣誓が行われ、木下・吉本両会長の始球式を行った後、熱戦の火蓋が切られました。


 前年度優勝チームである美川FCジュニアが2回戦で敗れたり、金沢地区の代表チームが僅差ではあるものの1チームを残して全チーム1回戦で敗れたりと波乱含みの展開となりましたが、選手達は一生懸命プレーし、敗れたチームも敢闘賞を目指して一生懸命フレンドリートーナメントを戦いました。
 大会第二日目は、昨晩降った雨の影響か厳しい冷え込みとなりましたが、天候は晴れ、少し風が強かったものの絶好のサッカー日和となりました。

 第一日目に引き続き、熱戦が繰り広げられる中、3位決定戦と決勝戦を前に小休止として地元を元気にするアイドル「Jumpin'」によるイベントが行われ、Jumpin'の皆さんの元気一杯の歌とダンスを見て、選手・指導者・ご父兄の皆様も非常に楽しまれている様子で、多いに盛り上がりました。
 日差しがあるとはいえ、大変寒い中でしたが、Jumpin'の皆さん、大会に花を添えて頂き、ありがとうございました。
 (→ 右のJumpin'の写真をクリックすると動画が見れます)

 この二日間に亘る熱戦を制し、優勝したのは「Riopedra加賀FC U-12」、準優勝は「小松北フットボールクラブ」、第3位は「セブン能登ジュニア」、フレンドリートーナメントを制し、敢闘賞に輝いたのは「富陽サッカークラブ」でした。
 二日間に亘り、素晴らしいプレーを沢山見せてくれた選手の皆様、大会運営にご尽力ご協力を頂いた指導者、ご父兄の皆様、本当にありがとうございました。


優 勝 準優勝 第3位

Riopedra加賀FC U-12

小松北フットボールクラブ

セブン能登ジュニア

 ⇒ 大会結果(トーナメント表)
 ⇒ 平成27年10月28日(水)北國新聞朝刊第27面


平成27年度宅地建物取引士資格試験を実施しました!!

 2015.10.27

 平成27年10月18日(日)、金沢工業大学5号館・8号館において、本年4月1日に名称が変更された宅地建物取引士の第1回目となる資格試験を実施致しました。
 当協会は、昭和63年より、石川県の推薦を受け、(一財)不動産適正取引推進機構の協力機関として、この宅建試験を実施致しております。
 秋晴れの名に相応しい晴天の下、受験者の皆様は、一生懸命取り組んでおられました。
 受験状況は、(一財)不動産適正取引推進機構より次の通り発表されております。(→受験状況速報
 合格発表は、平成27年12月2日(水)です。


「不動産フェア2015」を小松市どんどん祭り会場で開催しました!!

 2015.10.26

 平成27年10月11日(日)JR小松駅前広場特設会場において、「不動産フェア2015」を開催しました。
 例年、今年で40回目を迎えた小松市祭のどんどん祭りに協賛し、ブース出店しています。
 今年は、「不動産無料よろず相談」と題し、今年度、石川県宅建協会が国庫補助事業である空家管理等基盤強化推進事業に参画し、開設した「空き家総合相談窓口」の出張相談を実施するとともに、毎週水曜日に実施している不動産無料相談、全宅住宅ローン㈱北陸支店にご協力を頂いた住宅ローン相談、石川県宅建協会の流通システムを利用した物件検索相談を実施しました。

 また、上部団体である全宅連が実施する「不動産の日アンケート」への協力も呼びかけ、これからの住まいのあり方について考える一助と致しました。
 子どもたちには、キッズコーナーとして「塗り絵コーナー」を用意し、多いに賑わいました。
 午前10時からオープンしたブースでしたが、午後1時過ぎ、急に雨風が強まる荒天となり、祭り会場は大慌て!!
 暫く経って、ようやく天候が回復しましたが、子どもたちが一生懸命塗った塗り絵も雨に濡れてビショビショになってしまいました。

 来年は、良い天気に恵まれるよう祈るばかりです。
 少し肌寒い日ではありましたが、ご来場下さった皆様、ありがとうございました。


 |  1  |  2  |  3  |  4  | 次ページへ→

入会のご案内