ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2016年度

第10回ハトマーク杯リトルリーグ大会、優勝は「岐阜東濃」!!

 2016.9.12

 平成28年9月10日(土)、11日(日)、金沢市の大桑簡易野球場において、第10回ハトマーク杯争奪リトルリーグ金沢大会が開催されました。本大会は、最上級生である6年生が8月末で退団し、新チームとなって初めての遠征・大会に位置付けられ、新チーム内の規律の確立、新チームの力を試す大会となっています。
 大会当日は、前日までの雨も上がり、秋晴れの幾分涼しい最高のコンディションとなりました。

 10日(土)早朝、選手達はまだ暗いうちからグラウンドに集合し、既に準備運動・練習をはじめており、大きな声がグラウンドに響いていました。
 午前8時より開会式が開催され、北陸・東海・近畿から参加した8チームが、主催者である石川県宅建協会、ご父兄・指導者の皆様が見守る中、堂々たる入場行進を行いました。
 今年は、地元金沢と春日井が、連合チームで参加しました。


 入場行進の後、石川県宅建協会 堀 文和 広報流通副委員長より開会宣言がなされ、主催者を代表して石川県宅建協会 吉本重昭 会長より、「新チームになってすぐその可能性を試すことができる遠征・大会に臨める幸せに感謝しつつ、一生懸命プレーして下さい。」と挨拶を述べ、次いで、当協会顧問で金沢リトルリーグ野球協会の副会長を務める石川県議会議員 石坂修一 先生より、2020年の東京オリンピックの競技種目として「野球」が復活採用されたことを例に挙げ、選手諸君も夢を持ってスキルアップに努めて欲しい旨と激励・祝辞が述べられました。

 その後、主催者である石川県宅建協会より記念品が送られ、金沢リトルリーグの喜多一平 主将が選手宣誓を行い、始球式を経て大会が開始されました。
 幸いなことに、大会期間を通じて天候に恵まれ、力一杯プレーする選手達の大きな声が大桑簡易野球場に響きわたりました。初めて会った他地域の選手達と切磋琢磨する中で、戦って惜しくも負けてしまったチームが、別の試合でその勝った相手チームを一生懸命応援している姿が印象的でした。
 
 今大会の優勝は、岐阜東濃リーグ(岐阜)、準優勝は、津リーグ(三重)、第3位は、泉佐野リーグ(大阪)、敢闘賞は、松阪リーグ(三重)でした。地元金沢リーグは、健闘しましたが、1勝3敗で残念ながら結果に結びつきませんでした。
 閉会の言葉を述べた石川県宅建協会 吉本重昭 会長からは、両日熱戦を繰り広げられた選手達・ご父兄・指導者の皆様へ労いの言葉が掛けられたとともに「夢をもってこれからも取り組んで下さい。」との言葉が選手達におくられました。

優勝:岐阜東濃リーグ 準優勝:津リーグ 第3位:泉佐野リーグ


 各リーグのご父兄・指導者の皆様、金沢リトルリーグ野球協会の皆様、本大会の運営に多大なご協力を賜り、誠にありがとうございました。次回大会で一回りも二回りも大きく成長した選手の皆さんに会えることを楽しみにしています。

 ⇒ 第10回大会最終結果
 ⇒ イニングスコア 
 


第3回ハトマーク杯ゲートボール大会を開催、男女共に初の連覇!!

 2016.9.12

 平成28年9月11日(日)、第3回ハトマーク杯争奪ゲートボール大会が開催されました。
 午前8時50分より開会式を七尾市田鶴浜室内ゲートボール場で開催した後、田鶴浜町と鳥屋町の室内ゲートボール場で男子・女子がそれぞれ分かれて競技に臨みました。
 本大会は、第72回国民体育大会の北信越大会石川県予選会に位置付けられる大会です。
 参加チームは、男子の部13チーム、女子の部8チームでした。

 開会にあたり、主催者を代表して当協会の吉本重昭 会長が挨拶し、次いで石川県ゲートボール協会会長の石坂修一 石川県議会議員より祝辞が述べられました。
 終日にわたって熱戦が繰り広げられ、男子の部の優勝は「志水魁」、女子の部の優勝は「辰口レディース」で、両チーム共、初の連覇となります。
 両チームは、北信越大会に臨み、国体出場を目指します。

 ご参加されたチームの皆様、ご声援下さった皆様、大変お疲れ様でした。


                     〔大会結果〕
       男子の部:優 勝 志水魁      女子の部:優 勝 辰口レディース
            準優勝 能美シティ         準優勝 金沢フレンド
            第3位 鹿能、中能登        第3位 志賀フレンド、七尾

 


平成28年度第2回業務研修会を開催しました!!

 2016.9.12

 平成28年9月8日(木)金沢会場、9日(金)加賀・能登会場で、平成28年度第2回目の業務研修会を開催しました。出席者数は、金沢会場=301名、加賀会場=67名、能登会場=18名で、うち会員外の出席者は6名でした。
 会員の皆様は、下記より会員専用サイトにて研修資料のダウンロード、動画の閲覧が出来ますので、業務研修会当日、お仕事のご都合等でご出席出来なかった皆様は是非ご活用下さい。

 ⇒ 会員専用サイト「業務研修会動画」へ

【平成28年度第2回業務研修会カリキュラム】

 ① 重要事項説明書の書き方「売主、登記記録、敷地と道路」について
 ② 重要事項説明における「告知事項」の取扱いについて
    講 師:髙畠不動産鑑定事務所
          不動産鑑定士 髙畠祐二 氏


~開業を目指す方へ~平成28年度第1回開業支援セミナーを開催!!

 2016.9.9

 平成28年9月3日(土)午後1時30分より石川県不動産会館において、「平成28年度第1回開業支援セミナー」を開催致しました。
 本セミナーでは、宅建業の開業を具体的に検討している方を対象に、宅建業免許申請方法や開業のノウハウ、事業展開のあり方や経験者談を紹介し、開業に向けた一助として頂くために開催するものです。同日は、開業を目指す10名が参加、いずれの皆様も大変熱心に聴講し、積極的にご質問等も頂きました。

 セミナーでは、まず、石川県宅建協会 木谷和栄 人材育成委員長より「不動産業の高齢化が進んでおり、若い人はチャンス。こんなに魅力的でやりがいのある商売はない」とし、業界を取り巻く情勢や免許取得までの流れが説明されました。
 続いて、石川県宅建協会 飛田誠治 人材育成委員より、自身が業界に入って独立してから現在に至るまでの体験談等が説明・紹介され、出席された開業希望者に経験者としての助言がなされました。
 最後に、日本政策金融公庫北陸創業支援センターの相良和孝 署長より、開業にあたっての融資制度等について説明がなされ、質疑応答・意見交換を経て、終了しました。

 次回は、平成29年2月4日の開催を予定しております。
 ご参加を希望される方は、是非、協会事務局までお問合せ下さい。

 ⇒ 平成28年9月6日(火)建設工業新聞第14面


「空き家対策セミナーin南加賀」を開催しました!!

 2016.8.12

 平成28年8月11日(木・祝)午後1時30分より、辰口福祉会館1階「交流ホール」において「空き家対策セミナーin南加賀」を開催致しました。
 このセミナーは、小松市、能美市、白山市の南加賀3市と石川県空き家総合相談窓口を運営する石川県宅建協会が合同で開催したもので、今年初めての祝日となる「山の日」であったにもかかわらず、協賛市である南加賀3市は元より、金沢市や野々市市からもご参加頂き、約100名の皆様にお集まり頂きました。

 冒頭、石川県宅建協会 吉本重昭 会長より、空き家総合相談窓口を運営する中で、空き家所有者や地域住民の意識が徐々に変化してきたことなどに触れ、本日のセミナーが少しでも参加者のお役に立てたなら大変喜ばしい旨挨拶があり、次いで、能美市市民生活部企画振興課地域振興室 谷田直樹 課長より、空き家に関する調査結果の概要や調査経緯の中で触れた所有者の考え方等に触れ、空き家対策施策への理解と協力を求める旨挨拶がなされました。

 セミナー本編に入り、まず、「空き家対策概論」と題し、石川県宅建協会 新谷健二 専務理事より、空家対策特別措置法の趣旨、「空家等」と「特定空家等」に対する考え方、「特定空家等」とならないために何をすべきか、新たに設けられた相続空き家の譲渡所得に対する3,000万円特別控除等について説明がなされました。

 次いで、小松市、白山市、能美市の各空き家対策を担う担当官より、各市の空き家対策の内容、各種調査結果の報告、空き家対策事例の紹介、改修や解体に係る助成制度等について説明がなされました。その中で、町会長に協力を依頼したアンケート結果等によると、町会内にある空き家について、適正な管理さえなされていれば問題なしとする回答が多かったことが印象強かったです。

 次いで、「空き家を取り巻く法律問題」と題し、石川県司法書士会 森 欣史 広報部長より、空き家の発生要因として最も多い相続事案を例に、相続をせず放っておくと、枝分かれ相続が発生し、相続人が数十人に広がったり、相続人の判断能力に欠陥が生じたりと問題が多く発生するので、早め早めの対応が必要である旨説明がなされました。


 セミナー終了後は、自治体(助成制度)、石川県県司法書士会(法律)、石川県構造物解体協会(解体)、石川県宅地建物取引業協会(売買・賃貸借・管理・利活用)に分かれ個別のブースを設け、個別相談会を開催しました。個別相談会は、希望者のみの参加とさせて頂きましたが、多くの皆さんにご利用頂き、いかに空き家問題が個別具体事案でお悩みになっているかが浮き彫りとなりました。


 石川県宅建協会では、今後もこのような機会を設け、地域行政や専門士団体等と連携し、空き家対策に取り組んで参ります。

〔当日の資料〕
 ⇒「空き家対策概論」(石川県宅建協会)
 ⇒「南加賀3市の空き家対策に関する取り組み」
  ・ 小松市資料
  ・ 白山市資料
  ・ 能美市資料
 ⇒「空き家を取り巻く法律問題」(石川県司法書士会)

 ⇒ 平成28年8月12日(金)北國新聞朝刊第23面


入会のご案内