ホーム > 便利情報 > 不動産市況DI調査

不動産市況DI調査結果

 第3回不動産市況DI調査結果の概要〔基準日:平成29(2017)年4月1日、公表:平成29年6月26日〕

 第2回不動産市況DI調査結果の概要〔基準日:平成28(2016)年10月1日、公表:平成28年12月13日〕

 第1回不動産市況DI調査結果の概要〔基準日:平成28(2016)年4月1日、公表:平成28年6月27日〕


第3回不動産市況DI調査結果の概要〔平成29(2017)年6月26日公表〕

Ⅰ. 調査の概要
 平成29年4月1日を基準とし、過去半年(平成28年10月1日~平成29年4月1日)の不動産市場の推移に関する実感と、この先半年(平成29年4月1日~10月1日)の不動産市場の動向に関する予測について、(公社)石川県宅地建物取引業協会会員に対しアンケート調査を実施し、(公社)石川県不動産鑑定士協会が石川県不動産市況DIとして集計、分析したものです。
 なお、本アンケート調査は、毎年4月と10月の年2回実施します。
(発送数:968 有効回答数:281 回答率:29.0%)

Ⅱ. 本調査の地域区分
 本調査では、石川県内を下記の通り区分し、アンケート調査を実施しました。
 また、区分した各地域を下記の【区分名】のように称することとし、記載にはこの区分名を用いています。

【区分名】
 1.【奥能登地区】輪島市、珠洲市、能登町、穴水町
 2.【能登地区】七尾市、志賀町、羽咋市、宝達志水町、中能登町
 3.【県央地区】金沢市、かほく市、内灘町、津幡町、野々市市
 4.【手取川地区】白山市、川北町
 5.【南加賀地区】小松市、能美市、加賀市


Ⅲ. 回答者の属性
 回答者の属性の詳細は本文(p.1参照)記載の通りです。

Ⅳ.集計結果の概要
(1)地価動向(県全体)について

 ① 住宅地
  >今回(平成29年4月1日時点)の県全体の地価動向DIは+19.2p、前回(平成28年10月1日時点)
   と比べると13.7pの改善。
   なお、前回時点における半年後の予測値は▲1.4pとなっていたが、今回調査では上記の通り予測
   値を大幅に上回った。
   半年後(平成29年10月1日)の予測値は、今回調査時点と比べて11.7p悪化の+7.5p。
  >地域毎では、県央地区が最も高く+30.2p、また最も低かったのは、奥能登地区の▲50.0p。
   金沢市は、第1回調査以来改善傾向で推移しており、今回調査時点の地価動向DIは+30.2p。小松
   市は、第1回、第2回とマイナスのポイントであったが、今回の地価動向DIは、±0.0p。
   半年後は、奥能登地区が横ばい、能登・県央・手取川・南加賀地区が悪化と予測。
 ② 商業地
  >県全体の地価動向DIは+37.8pであり、前回と比べると16.3pの改善。
   なお、前回時点における半年後の予測値は+10.2pとなっていたが、今回調査では上記の通り予測
   値を大幅に上回った。
   半年後の予測値は、今回調査時点と比べて21.2p悪化の+16.6p。
  >地域毎では、県央地区が最も高く+56.7p、また最も低かったのは、奥能登地区の▲50.0p。
   金沢市は、第1回調査以来の大幅なプラス傾向で推移し、今回調査時点の地価動向DIは+63.6p。
   小松市は、第1回・第2回とマイナスのポイントであったが、今回の地価動向DIは±0.0p。
   半年後については、奥能登・能登・県央地区が悪化、手取川地区が横ばい、南加賀地区が改善と
   予測。

(2)石川県全体の不動産市場の動向
 ① 土地・新築戸建 
  >実感値は+4.8pと前回調査に比べ1.5pの悪化。
   地域毎では、南加賀地区が最も高く+26.7p、最も低かったのは奥能登地区の▲25.0p。
  >半年後の予測は、調査時点と比べて6.0p悪化の▲1.2p。
   地域毎では、奥能登地区が改善、その他の地区は悪化と予測。
 ② 中古マンション 
  >実感値は▲18.4pと悪化。前回調査に比べ7.0pの悪化。
   地域毎では、奥能登・手取川・南加賀地区が最も高く±0.0p、最も低かったのは能登地区の
   ▲100.0p。
  >半年後の予測は、調査時点と比べて2.0p改善の▲16.4p。
   地域毎では、奥能登・南加賀地区が横ばい、能登・県央地区が改善、手取川地区が悪化と予測。
 ③ 中古戸建 
  >実感値は▲8.1pと悪化。前回調査に比べ5.7pの悪化。
   地域毎では、南加賀地区が最も高く+8.7p、最も低かったのは能登・手取川地区の▲33.3p。
  >半年後の予測は、調査時点と比べて7.6p改善の▲0.5p。
   地域毎では、奥能登地区が横ばい、能登・手取川地区が悪化、県央・南加賀地区が改善と予測。

Ⅴ.その他詳細については、本文ご参照ください。 
 ⇒ 第3回石川県不動産市況DI調査結果(基準日:平成29年4月1日、公表:平成29年6月26日)


第2回不動産市況DI調査結果の概要〔平成28(2016)年12月13日公表〕

Ⅰ. 調査の概要
 平成28年10月1日を基準とし、過去半年(平成28年4月1日~10月1日)の不動産市場の推移に関する実感と、この先半年(平成28年10月1日~平成29年4月1日)の不動産市場の動向に関する予測について、(公社)石川県宅地建物取引業協会会員に対しアンケート調査を実施し、(公社)石川県不動産鑑定士協会が石川県不動産市況DIとして集計、分析したものです。
 なお、本アンケート調査は、毎年4月と10月の年2回実施します。
(発送数:968 有効回答数:229 回答率:23.7%)

Ⅱ. 本調査の地域区分
 本調査では、石川県内を下記の通り区分し、アンケート調査を実施しました。
 また、区分した各地域を下記の【区分名】のように称することとし、記載にはこの区分名を用いています。

【区分名】
 1.【奥能登地区】輪島市、珠洲市、能登町、穴水町
 2.【能登地区】七尾市、志賀町、羽咋市、宝達志水町、中能登町
 3.【県央地区】金沢市、かほく市、内灘町、津幡町、野々市市
 4.【手取川地区】白山市、川北町
 5.【南加賀地区】小松市、能美市、加賀市


Ⅲ. 回答者の属性
 回答者の属性の詳細は本文(p.1参照)記載の通りです。

Ⅳ.集計結果の概要
(1)地価動向(県全体)について

 ① 住宅地
  実感値は+5.5とやや良好。前回調査に比べ5.0pの改善となった。
  予測値は1.4pと悪化。前回調査に比べ6.9p悪化。
  今回調査時点の地価動向は、地域ごとで見ると県央地区が最も高く+20.2p、また最も低かったのは、
 奥能登地区の▲100.0pであった。
 ② 商業地
  実感値は+21.5pと良好。前回調査に比べ2.1pの悪化となった。
  予測値は+10.2pと悪化。今回調査時点に比べ11.3p悪化。
  今回調査時点の地価動向は、地域ごとで見ると県央地区が最も高く+43.0p、また最も低かったのは、
 奥能登地区の▲100.0pであった。

(2)石川県全体の不動産市場の動向
 ① 土地・新築戸建 
  実感値は+6.3pと改善。前回調査に比べ2.4pの改善となった。
  予測値は▲5.6pと悪化。今回調査時点に比べ11.9p悪化。
  今回調査時点の地価動向は、地域ごとで見ると手取川地区が最も高く+40.0p、また最も低かったのは、
 奥能登地区の▲66.7pであった。
 ② マンション 
  実感値は▲11.4pと改善。前回調査に比べ9.9pの改善となった。
  予測値は▲18.8pと悪化。今回調査時点に比べ7.4p悪化。
  今回調査時点の地価動向は、地域ごとで見ると奥能登・手取川地区が最も高く±0.0p、また最も低かっ
 たのは、能登地区の▲50.0pであった。
 ③ 中古住宅 
  実感値は▲2.4pとやや悪化。前回調査に比べ1.8pの悪化となった。
  予測値は▲2.8pと悪化。今回調査時点に比べ0.4p悪化。
  今回調査時点の地価動向は、地域ごとで見ると手取川地区が最も高く+50.0p、また最も低かったのは、
 奥能登地区の▲33.3pであった。

Ⅴ.その他詳細については、本文ご参照ください。 
 ⇒ 第2回石川県不動産市況DI調査(基準日:平成28年10月1日、公表:平成28年12月13日)


第1回不動産市況DI調査結果の概要〔平成28(2016)年6月27日公表〕

Ⅰ. 調査の概要
 平成28年4月1日を基準とし、過去半年の不動産市場の推移に関する実感と、この先半年の不動産市場の動向に関する予測について、石川県不動産市況DIとして集計、分析したものです。
(発送数:966 有効回答数:212 回答率:21.9%)

Ⅱ. 本調査の地域区分
 石川県内の全19市町を5つの地域(1.奥能登地区、2.能登地区、3.県央地区、4.手取川地区、5.南加賀地区、その他詳細は本文p.1参照)に区分し、アンケート調査を行いました。

Ⅲ. 回答者の属性
 回答者の属性の詳細は本文(p.1参照)記載のとおりですが、県央地区が突出して多く(回答数:155「全体の約73%」)、県央地区のDIの数値が、石川県全体のDIに影響を与えています。

Ⅳ.集計結果の概要
(1)石川県全体の住宅地(地価動向)

 実感値は+0.5Pとやや良好。予測値は▲9.2Pと悪化。
 実感値の詳細は本文(p.8参照)記載のとおりですが、県央地区の+13.0P(特に金沢市の+18.0P)が石川県全体のDIに影響を与えています。
 予測値の詳細は本文(p.9参照)記載のとおりですが、県央地区についても▲2.1P(金沢市はかろうじて+2.1P)となり、弱め(下落傾向)の回答が多くみられました。

(2)石川県全体の商業地(地価動向)
 実感値は+23.6Pとやや良好。予測値は+2.3Pと悪化。
 実感値の詳細は本文(p.11参照)記載のとおりですが、県央地区の+45.7P(特に金沢市の+58.5P)が突出しており、石川県全体のDIを押し上げています。(北陸新幹線開業の影響等による)
 予測値の詳細は本文(p.12参照)記載のとおりで、県央地区についても+15.1P(金沢市は+28.2P)と実感値よりもポイントは下がっていますが、半年後もDIはプラスを維持しています。

(3)石川県全体の不動産市場の動向
 土地・新築戸建:実感値は+3.9Pとやや良好。予測値は+2.3Pとやや悪化。
 マンション:実感値は▲21.3Pと低調。予測値は▲13.7Pと改善。
 中古住宅:実感値は▲0.6Pやや低調。予測値は+1.9Pとやや改善。

 上記の3市場については、現在国土交通省が推し進めている中古住宅の流通促進・活性化に沿ったものであり、今後もマンション・中古住宅の市場動向は改善していくのではないかと思われます。

Ⅴ.その他詳細については、本文ご参照ください。 

 ⇒ 第1回石川県不動産市況DI調査(基準日:平成28年4月1日、公表:平成28年6月27日)


便利情報