ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2017年度

石川県宅建協会創立50周年記念式典・祝賀会、盛会裡に終了!!

 2017.11.30

 平成29年11月21日(火)午後3時30分より、ホテル日航金沢3階「孔雀の間」において、創立より半世紀という節目を祝う“石川県宅建協会創立50周年記念式典・祝賀会”が執り行われました。
 当日は、公私共にご多用中のところ、多くの会員の皆様や県内外からのご来賓の皆様など、約300名の皆様にご列席頂き、共に慶びのときを分かち合いました。

 冒頭、先人の皆様への感謝と敬意を表し、黙祷が捧げられた後、まず、石川県宅建協会 副会長であり、周年事業実行特別委員長の萩原 浩より、開式の辞が述べられた後、会長の吉本重昭より、「激動の時代を乗り越え今日に至るまで、使命と責任をもってお客様と向き合い、真摯に業に取り組み経験を積み重ねてこられた諸先輩方や会員各位、いつの時もお支え下さった関係各位のご努力と英知に心より敬意を表し、感謝を申し上げます。」「これからも会員業者と共に描く未来の実現に向けて取り組んで参ります。」と、創立50周年を迎えての式辞が述べられました。

 次いで、ご臨席を頂いた多くのご来賓の皆様を代表して、石川県で宅建業を営む者の免許権者である石川県知事の谷本正憲 様、広域的な視点から豊かな北陸の地域づくりの支援に努めておられる国土交通省北陸地方整備局 局長 小俣 篤 様のご祝辞を同局 建政部長の牧野浩志 様より、全国47都道府県宅地建物取引業協会の上部組織であり、ハトマーク・グループの舵取り役を担っておられる(公社)全国宅地建物取引業協会連合会 会長の伊藤 博 様、最後に石川県の県政を掌る石川県議会より、石川県議会議長の米澤賢司 様、以上4名のご来賓の皆様よりご祝辞を賜りました。

 ご来賓の皆様のご紹介、30通も寄せられたご祝電のご紹介を終え、創立50周年を記念した各種表彰式に移行致しました。

 まず、国土交通大臣 石井啓一 様からの感謝状を、国土交通省北陸地方整備局 牧野 建政部長より、石川県宅建協会の吉本重昭 会長へ贈られました。


 〔国土交通大臣感謝状〕
  (公社)石川県宅地建物取引業協会




 続いて、石川県宅建協会の役員として、多年、協会業務の向上に尽くし、業界の振興・発展に功績が顕著な方に石川県より贈られる石川県知事表彰を執り行い、受賞者を代表して、光和土地建物㈱の作田哲夫 様へ谷本 石川県知事より授与されました。

 〔石川県知事表彰〕
   光和土地建物㈱ 作田哲夫 様
   アーバン企画㈱ 中矢春樹 様
   中西商事 中西博志 様
   ㈱カナイワ興産 山崎洋義 様
   清水不動産サービス 清水亮一 様
   ㈱タクシン 山本忠雄 様
   ジョイホーム 河西喜治 様
   ジャスティス 寺家谷悦子 様
   ナルワ不動産 田丸和明 様
   ㈲タムラ土地開発 田村良一 様
   ㈲高山不動産 高山隆治 様    以上11名の皆様

 続いて、(公社)全国宅地建物取引業協会連合会の伊藤 会長より、石川県宅建協会の吉本 会長へ(公社)全国宅地建物取引業協会連合会 会長感謝状が贈られました。


 〔(公社)全国宅地建物取引業協会 会長感謝状〕
  (公社)石川県宅地建物取引業協会




 続いて、その職責を全うし、協会運営に多大な貢献のあった退任役員の方に贈られる石川県宅建協会 会長感謝状の授与を執り行いました。
 感謝状を授与されたのは、小松能美地域で宅建業を営む田中不動産商事 様です。
 前代表者の故:田中輝穂 様は、協会役員で唯一、継続在職年数が29年という永きにわたり役員をお務めになられた方です。各方面から厚い信頼を寄せられていた方でしたが、任期途中で突然の訃報に接し、協会として感謝の意をお示しする機会が無かったため、今般、感謝状を贈呈する運びとなりました。
 当日は、ご子息の武志 様がご出席され、石川県宅建協会の吉本 会長より感謝状が授与されました。


 〔(公社)石川県宅地建物取引業協会 会長感謝状〕
   田中不動産商事 様
 

 続いて、協会事務局職員として勤務精励し、勤続10年以上の職員に贈られる事務局職員表彰が執り行われ、事務局職員を代表して中村 事務局長が石川県宅建協会 吉本 会長より感謝状を受け取りました。

 記念式典の最後には、私たちを育てて下さった地域の皆様へのご恩返しと、次の50年に向け、私たちを取り巻く厳しい環境を会員の皆様と共に乗り越え、地域に必要とされる真のリアルパートナーを目指すために策定した「ハトマーク・ビジョン石川」のVTR発表が行われました。発表後には、会場から拍手が沸き起こり、会員の皆様のご賛同、石川県宅建協会に対する期待の表れのように感じました。
 今後は、この「ハトマーク・ビジョン石川」に基づき、理想の姿を実現するべく、事業推進に邁進して参ります。

 石川県宅建協会 周年事業実行特別委員会の小林絹代 副委員長による閉式の辞をもって、盛会裡に終了致しました。

 午後5時からは、4階「鶴の間」に会場を移し、記念祝賀会が開催されました。
 祝賀会では、石川県市長会長であり、金沢市長である山野之義 様、石川県宅建協会顧問であり、石川県宅地建物等対策議員連盟 会長の稲村建男 様、同 世話人である紐野義昭 様よりご祝辞を頂戴した後、鏡開きを行い、石川県指定無形文化財の御陣乗太鼓、石川県と金沢市が誇るオーケストラ・アンサンブル金沢によるアトラクションが催される中、列席者と共に創立50周年の節目をお祝い致しました。

 後日、当日の模様を撮影したスナップ写真を会員専用サイトに掲載致します。
 また、記念式典内で発表した「ハトマーク・ビジョン石川VTR」は、準備が出来次第、協会ホームページに掲載致します。


 ⇒ 創立50周年記念式典・祝賀会プログラム
 ⇒ ハトマーク・ビジョン石川
 → 平成29年11月22日(水)北國新聞朝刊第34面、北陸中日新聞朝刊第16面
   平成29年11月22日(水)建設工業新聞第14面


ハトマーク杯第8回石川県8人制サッカーU-10大会、優勝は菊川FC Jr !!

 2017.10.24

 成29年10月21日(土)、22日(日)の両日、白山市の松任総合運動公園グラウンドにて、「ハトマーク杯第8回石川県8人制サッカー U-10大会〔後援:北國新聞社、テレビ金沢、特別協力:㈱モルテン〕」が開催されました。
 この大会は、能登、金沢、白山、加賀の県内4地区で年間リーグを戦い抜いた上位16チームによる決勝大会に位置付けられている、U-10(小学校4年生以下)の最高峰の大会となります。
 
 また、8人制サッカーは、通常と比べ、ボールタッチの回数やゴール前の機会が増えることにより、選手育成に有用とされている制度で、当協会では石川県少年サッカー協会、石川県少年サッカー連盟と連携してその普及に努めています。

 大会第一日目、台風21号の影響が気になる中、午前9時より開会式が行われました。
 開会式では、まず石川県少年サッカー連盟の古西 広 理事長より開会宣言がなされました。優勝杯であるハトマーク杯が返還された後、主催者を代表して石川県宅建協会 萩原 浩 副会長より祝辞が述べられました。次いで、美川FCジュニアの永井蒼空 キャプテンより、元気一杯の選手宣誓が行われ、大会が開幕致しました。

 順調に大会日程は進んで行きましたが、午後になって台風21号の影響により風雨が強まってきました。
 しかし、選手達は肌寒い中、風雨をモノともせず、大人顔負けのプレー・戦術により、白熱した試合が繰り広げられました。
 敗れたチームも敢闘賞を目指して、ビショビショになりながら、一生懸命フレンドリートーナメントを戦いました。


 大会第二日目は、朝から台風21号の影響で大会第一日目より風雨が強く、大会の継続が危ぶまれましたが、台風の再接近が午後以降ということもあり、選手の安全を考慮したうえで、試合時間等を繰り上げる等の対応により、実施致しました。
 残念なのは、選手も楽しみにしていた、毎年大会に華を添えてくれるJumpin'の皆さんのステージが中止となったことです。


 あいにくの嵐でフィールドではなく、室内での表彰式となりましたが、二日間に亘る熱戦を制し、優勝したのは、金沢地区の「菊川FCジュニア」、準優勝は、同じく金沢地区の「テイヘンズFC金沢U-12」、第3位は、加賀地区の「小松北フットボールクラブ」、フレンドリートーナメントを制し、敢闘賞に輝いたのは、能登地区の「内灘FC・ジュニア」でした。


 台風21号の接近という厳しいコンディションの中でしたが、二日間に亘り、素晴らしいプレーを沢山見せてくれた選手の皆様、大会運営にご尽力ご協力を頂いた指導者、ご父兄の皆様、そしていつも子供たちの成長を第一に考えている少年サッカー連盟の皆様、本当にありがとうございました。

 ⇒ 第8回大会結果(トーナメント表)


第4回ハトマーク杯ゲートボール大会を開催!!

 2017.9.26

 平成29年9月17日(日)、第4回ハトマーク杯争奪ゲートボール大会が開催されました。台風18号の影響が懸念されましたが、台風が襲来する前に開催することが出来ました。
 午前8時30分より開会式を七尾市田鶴浜室内ゲートボール場で開催した後、田鶴浜町と鳥屋町の室内ゲートボール場で男子・女子がそれぞれ分かれて競技に臨みました。
 本大会は、第73回国民体育大会の北信越大会石川県予選会に位置付けられ、参加チームは、男子の部8チーム、女子の部4チームでした。

 開会にあたり、主催者を代表して当協会の萩原 浩 副会長が挨拶し、次いで石川県ゲートボール協会会長の石坂修一 石川県議会議員より祝辞が述べられました。
 萩原 副会長が始球式を行った後、競技が開始され、終日にわたって熱戦が繰り広げられ、男子の部の優勝は「志水魁」、女子の部の優勝は「金沢フレンド」で、志水魁は3連覇となります。
 両チームは、北信越大会に臨み、国体出場を目指します。


 先に秋田県で開催された「ねんりんピック(全国健康福祉祭)」では、石川県の「能美根上チーム」が準優勝をするなど、石川県のゲートボールのレベルは非常に高いレベルにあります。
 ご参加されたチームの皆様、ご声援下さった皆様、大変お疲れ様でした。


                     〔大会結果〕
       男子の部:優 勝 志水魁      女子の部:優 勝 金沢フレンド
            準優勝 中能登           準優勝 ノトきりしま

 ⇒ 平成29年9月18日(月) 北國新聞朝刊第27面


小松能美地域「不動産の日」清掃ボランティアを実施しました!!

 2017.9.26

 平成29年9月23日(土・祝)午前7時~8時までの間、小松商工会議所周辺の県道・市道について、「不動産の日」関連事業として、毎年恒例の清掃ボランティアを実施致しました。
 夜中に降った雨で草木が濡れている少し肌寒い早暁、白山、小松能美、加賀ブロックの会員とそのご家族23名が小松商工会議所に集合し、前面の県道(園町から糸町の交差点まで)、裏面の市道の清掃活動を行いました。

 清掃区域は非常に広範囲に及びましたが、参加して下さった皆様は植え込みに捨てられたゴミを拾ったり、落ち葉を掃いたり、コンクリートの目地から生えた雑草等の草むしりをしたり、端から端まで一生懸命清掃して下さいました。
 写真の通り、Kトラック一杯のゴミが集まりました。
 ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。


創立50周年記念「不動産の日」ふれ愛講演会、盛会裡に終了!!

 2017.9.26

 平成29年9月23日(土・祝・不動産の日)ホテル金沢 2階「ダイヤモンド」において、主催:石川県宅建協会、後援:国土交通省・石川県・(公社)全国宅地建物取引業協会連合会で、「『不動産の日』ふれ愛講演会」を開催し、300名の皆様にご来場頂きました。
 この講演会は、「これからの住まいと人を考える」をテーマに、消費者の皆様が気軽に不動産に関する制度や知識に触れる機会として石川県宅建協会が毎年開催するもので、今年で9回目を迎えます。
 今年は、主催者である石川県宅建協会が創立50周年を迎える記念すべき年の開催であり、「創立50周年記念」と冠し、例年にも増して大々的に開催致しました。
 司会は、石川テレビ『石川さん情報Live リフレッシュ』にもご出演されている越村江莉さんにお務め頂きました。

 冒頭、石川県宅建協会の吉本重昭 会長より、「人々にとって大切な財産であり、人生の様々な節目を彩る不動産、その節目に携わることのできる我々、宅地建物取引業者は、地域との信頼関係を構築し、そのニーズに応え続け、逃げられない覚悟と責任をもって経験を積み重ねてきたからこそ、創立50周年という「今」に辿り着くことができた。これからも会員である宅地建物取引業者と共に、描く未来の実現に向けて、地域に寄り添う真の存在(リアルパートナー)であり続けることを目指す」旨、挨拶がなされました。次いで、石川県知事 谷本正憲 様からの祝辞を、石川県土木部建築住宅課 課長の熊田康也 様よりご披露頂きました。


 講演に先立ち、今年で7回目を数える「ハトマーク賞児童画コンクール」の表彰式が執り行われました。
 今年のテーマは「ぼくの、わたしの記念日」で、応募総数300点のうち、大賞である「石川県知事賞」と「ハトマーク賞」を受賞した児童とそのご家族6組が表彰されました。
 表彰式では、特別審査員を務めた金沢美術工芸大学デザイン科の環境デザインをご専攻されている鍔 隆弘 教授からの総評とともに各作品が紹介され、ご来場頂きました皆様からの温かい拍手を受け、緊張の中にも少し誇らしげな児童の表情がとても印象的でした。

 講演では、まず、学術講演として、横浜市立大学 国際総合科学部 まちづくりコース 不動産マネジメント論 教授の齋藤広子 氏より、「これからの住まいのあり方」と題してご講演を頂きました。昨今、注目を浴びている空き家問題から始まり、金沢市や他都市が実践している空き家の活用事例、耐震診断や建物状況調査、住宅履歴の確認等中古住宅の見極め方など、不動産の知識を得て、不動産を上手に使い、地域に根差した不動産業者と信頼関係を作り、豊かな暮らしを実現する方法について、お話を頂きました。

 次いで、記念講演として、金沢は作家生活の故郷として縁の深い作家の五木寛之 氏をお迎えし、「金沢の住まいと暮らし」と題したご講演を頂きました。
 講演では、「金沢大学も金沢城の敷地内にあり、香林坊も雑然として活気があった。整然と調和された姿だけでなく、雑然としたダイナミックな姿こそ、本来の都市の姿では」と、街並みについてのご自身のお考えをお話になりました。
 終始、穏やかに、時折笑いを交えつつ進められたご講演に、来場者は大変満足している様子でした。
 
 講演の最後には、五木先生と主催者である石川県宅建協会より、五木先生のサイン入り著書がプレゼントされる企画も行われ、大変楽しく、ためになる講演会になったのではと思います。

 お忙しい中、ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。
 微力ではございますが、皆様の生活の中で何かしら一助になれば幸いに存じます。
 来年も是非ご参加下さるようお願い申し上げます。

 ⇒「不動産の日」ふれ愛講演会プログラム
 ⇒ 平成29年9月24日(日)北國新聞第12面、北陸中日新聞第30面


 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 次ページへ→

入会のご案内