ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2017年度

空き家対策セミナーin白山・南加賀を開催しました!!

 2017.7.27

 平成29年7月23日(日)午後1時30分より、白山市民交流センター5階「大会議室」において、『空き家対策セミナーin白山・南加賀」を開催し、当日は大雨警報が発令されるあいにくの天候でしたが、一般の方51名、行政職員の方14名の計65名の皆様にご参加頂きました。
 本セミナーは、昨今、社会問題化している空き家問題の解消の一助とするため、石川県宅建協会が白山・南加賀の自治体の皆様と連携し、毎年開催しているものです。今年は、新たに加賀市と川北町が加わり、白山・南加賀4市1町の体制で開催することが出来ました。
 冒頭、主催者を代表して石川県宅建協会の吉澤啓爾 常務理事(調査研究委員長)から開会の挨拶があり、次いで今回幹事自治体をお務め頂いた白山市から企画振興部 竹内浩一 定住支援課長にご挨拶を頂きました。

 まず、白山市企画振興部定住支援課の長島史晃 係長より「白山市が取り組む空き家対策」について説明があり、次いで、「空き家対策について」と題し、一昨年施行された空家対策特別措置法や空き家の適正管理、相談窓口における相談事例等について石川県宅建協会の新谷健二 専務理事よりご講演頂きました。次いで、行政機関や石川県宅建協会の相談窓口に多く寄せられる相談である「空き家の解体」について、(一社)石川県構造物解体協会の南 征和 副会長より、解体業に係る法制度、解体業者の選択方法や解体費用の相場等についてご講演頂きました。
 休憩を挟み、「空き家を取り巻く法律問題について」と題し、石川県司法書士会 森 欣史 市民事業部理事より、空き家の発生要因として最も多い相続や相隣関係の視点から、ご自身の著書である「相続百人一首」を元にご講演頂きました。

 セミナー終了後は、希望者による個別相談会を開催し、行政機関、石川県司法書士会、(一社)石川県構造物解体協会、石川県宅建協会がそれぞれの専門分野に関する個別具体的な相談に対応致しました。当初、参加者の約3分の1の皆様が個別相談を希望されておりましたが、セミナーを聴講されることで疑問点やお悩みが解消されたのか、個別相談を受けた方は少数でした。

 お足元の悪い中、ご参加下さった皆様、誠にありがとうございました。
 石川県宅建協会では、今後もより良い住環境の形成を目指し、地域行政や各専門士団体の皆様と連携して、空き家対策に取り組んで参ります。
 また、石川県宅建協会では、石川県の要請を受け、「石川県空き家総合相談窓口」を開設致しておりますので、空き家問題でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。(月~金、9:00~17:00 TEL:0120-424-425)

 ◆セミナーの流れ
  13:30 開会 主催者/幹事自治体 挨拶
  13:40 白山市における空き家対策〔白山市〕
  13:50 空き家対策(特措法、適正管理、相談事例等)
      〔石川県宅建協会〕
  14:20 空き家の解体(業者の選択方法、解体費用の相場等)
      〔石川県構造物解体協会〕
  14:50 休憩
  15:00 空き家を取り巻く法律問題〔石川県司法書士会〕
  16:05 個別相談会

 ◆掲載紙
  平成29年7月24日(月)北陸中日新聞第13面、北國新聞第21面


石川県土木部都市計画課との意見交換会を開催しました!!

 2017.7.27

 平成29年7月10日(月)午後1時30分より、石川県庁16階「1612」会議室において、石川県土木部都市計画課との意見交換会を開催しました。
 まず行政当局より、一昨年改正された都市再生特別措置法に基づく立地適正化計画の策定状況や県内の区画整理事業の動向等、集約型まちづくりの推進について報告があり、石川県宅建協会からは、不動産市況DI調査の実施状況や空き家対策に関する取組み等、住宅需要の現状について報告がなされ、意見交換に移行しました。
 意見交換の場では、現在、金沢市・野々市市・小松市・輪島市が全部又は一部を策定・施行している「立地適正化計画等」について、施策の重要性、県の役割、計画による資産価値減少の可能性等について話合われました。区画整理に関しては、区画整理による市街地の拡大とコンパクトシティ概念との整合について等が話合われました。
 石川県宅建協会では、今後も都市計画部局と継続して問題意識の共有等に努めて参ります。


第3回不動産市況DI調査結果の公表〔基準日:平成29年4月1日〕

 2017.06.27

 第3回目の不動産市況DI調査の結果を公表しました。
 これは、石川県の後援を受け、石川県宅建協会と(公社)石川県不動産鑑定士協会と連携し、土地価格や不動産取引動向について、宅地建物取引業者が感じる過去半年の実感と今後の予想について調査し、回答を集計・統計処理したうえで土地評価等に係る施策の参考とするとともに、その概況を広く一般に情報提供・公開することを目的に実施するものです。
 他の都道府県でも実施されており、価格設定の透明性を確保するための参考指標の一つとされています。

 ⇒ 第3回不動産市況DI調査結果はこちら
 ◆ 平成29年6月27日(火)北國新聞朝刊第4面
 ◆ 平成29年6月28日(水)建設工業新聞第14面


平成29年度第1回新規入会者研修会を開催しました!!

 2017.6.20

 平成29年6月20日(火)午後1時30分より、石川県不動産会館3階「ホール」にて、平成29年度第1回新規入会者研修会を開催しました。
 この研修会は、適正な宅建業の取引を推進するため、宅建業者・宅建士としてのコンプライアンスをはじめ、当協会の事業内容や会員の皆様がお使いになることができる支援制度等を説明する、当協会に新たに入会した方、承継・変更により新たに法人の代表者並びに専任の取引士となった方が受講するよう会員規程で義務付けられた研修会です。
 梅雨を飛び越して初夏を思わせる陽気の中、40名の皆様が参加されました。

<内容>
① 石川県宅建協会の事業内容、会員専用コンテンツの利用方法
② 全宅住宅ローンの利用方法(全宅住宅ローン㈱)
③ 賃貸用補償保険の利用方法及び代理店登録までの流れ(㈱宅建ファミリー共済)
④ 宅建業者・宅建士のコンプライアンス
⑤ 宅地建物取引士賠償責任制度の利用方法(損害保険ジャパン㈱金沢支店)


石川県不動産鑑定士協会 新役員の皆様が表敬訪問!!

 2017.6.19

 本日、平成29年6月19日(月)午後1時、協会事業は元より、日頃より会員個々の取引業務でのパートナーでもある(公社)石川県不動産鑑定士協会の新役員の皆様がご来訪されました。

 当協会の吉本重昭 会長からは、昨年度より連携して調査を開始した「不動産市況DI調査」や石川県より委託を受け実施している「宅地建物取引士法定講習会の講義」等に対する御礼が述べられ、新たに会長に就かれた大場 修 会長からは「今後も連携を深めて事業に取り組んで参りたい」とありがたいお言葉を頂戴致しました。

 懇談の中では、当協会の新谷健二 専務理事より、現時点で個々に実施している無料相談会を合同で実施してはどうか、との提案もあり、課題となっている「住宅ファイル」の構築・普及と併せ、益々強固なパートナーシップの構築が望まれるところです。

◆ご来訪者
 (公社)石川県不動産鑑定士協会
      大場 修 会長
      河畑靖宏 副会長
      西田雄一 事務局長
      西郷 悟 不動産鑑定士(不動産市況DI調査ご担当)


 |  1  |  2  |  3  | 次ページへ→

入会のご案内