ホーム > 入会のご案内 > 情報提供

新たな住宅セーフティネット制度に関する説明会のご案内

 民間賃貸住宅や空き家等を活用した住宅確保要配慮者向け住宅の登録制度等を内容とする「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律(住宅セーフティネット法)」が平成29年4月26日に公布されました。
 本法制度の運用にあたり、国土交通省等では、登録住宅の改修や入居負担軽減、居住支援協議会等による入居支援活動等の支援を行うこととしております。
 そこで、国土交通省では、本法制度の施行に向けて、登録住宅制度や各種支援措置等の制度内容等の周知を図るため標記説明会を開催いたします。
 説明会への参加ご希望の方は、下記より国土交通省HPの専用サイトをご確認頂き、お申し込み下さい。

 ⇒ 新たな住宅セーフティネット制度に関する説明会サイト


「5月25日(木)午前11時より臨時閉館」のお知らせ

 2017.5.24

 明日、5月25日(木)は、平成29年度定時総会等(ホテル日航金沢)のため、石川県不動産会館を午前11時より臨時閉館とさせて頂きます。
 関係各位には、ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。


障害者差別解消法周知リーフレットの公表について〔内閣府〕

 2017.4.28

 内閣府より、平成28年4月1日から施行されております「障害者差別解消法」を周知するためのリーフレット『「合理的配慮」を知っていますか』を作成・公表されました。
 同リーフレットは、内閣府ホームページに掲載されておりますので、ご参照下さい。


国土交通省住宅・建築物に関する補助事業の公募について

 2017.4.26

 国土交通省では、住宅セーフティネット制度等やその他住宅・建築物に係る各種事業について、補助事業を実施しています。
 つきましては、各補助事業が対象とする事業を行おうとする方の公募状況が国土交通省ホームページに掲載されておりますので、ご参照下さい。

 ⇒ 国土交通省ホームページ


一人暮らし満足度1位の都道府県は?「一人暮らし意識調査」結果公表!!

 2017.4.24

 全宅連及び全宅保証は、不動産取引に関連する知識の啓発事業のための資料収集の一環として、インターネットを利用したアンケート調査を毎年実施しています。
 この度、平成28年度における「一人暮らしに関する意識調査」結果を取りまとめました。

 結果は、
  ★隣に住んでいてほしいタレントは1位は…タモリさんと新垣結衣さん
  ★一人暮らしの満足度が最も高い都道府県は富山県
 など。詳細は報告書をぜひご覧下さい。

【一人暮らしに関する意識調査概要】
 ・調査期間:2017年2月17日~2月23日
 ・調査方法:専用フォームによるインターネットアンケート調査(クローズド方式)
 ・調査対象:地域・日本国内全域の男女
 ・有効回答数:2,350件

  ⇒ 調査報告書は、こちら(全宅連HPへ外部リンク)


入会のご案内