ホーム > 入会のご案内 > お手続き・費用

入会マニュアル

 宅地建物取引業を営む場合は、まず宅地建物取引業者としての免許を受けなければいけません。
 2つ以上の都道府県にまたがって事務所を設置する場合は国土交通大臣免許を、また1つの都道府県にのみ事務所を設置する場合は都道府県知事免許を受ける必要があります。

 免許を申請する場合には、当協会で販売されている「免許申請書(500円)」を購入することから始まり、申請書の必要事項を記入(記入に際してご不明な点は、当協会で丁寧にアドバイスさせて頂きます。)し、必要書類を添えて(当協会が代行して)石川県の担当課に提出することになります。県担当課では、提出された申請書に基づき、法律要件を満たしているか否かを審査し、適切な場合に限り免許を受けることになります。

 しかし、免許通知後、ただちに営業を開始することはできません。開始できるのは、宅地建物取引業法で定められた営業保証金を供託するか、または、弁済業務保証金分担金を納付しなければ営業開始はできません。

 この宅地建物取引業者免許の申請と並行して、当協会への入会手続きを行って頂きます。(入会申込書など関係書類は、当協会より宅地建物取引業者免許申請・入会のご相談を頂いた時にお渡しいたします。)
 入会関係書類をご提出頂いた後は、書類・面接審査を行い、会員規程に定める審査基準に適合した方について、入会の可否を判定いたします。

 入会が承認されたら、県担当課より免許証番号、有効期限などの記載されたハガキが送付されてくるのを待ちます。
 送付されてきましたら、その写しを当協会にご提出いただいた後、弁済業務保証金分担金を納付していただき、供託届出書を交付することになりますので、それを県担当課に提出してはじめて免許証及び申請書の副本の交付を受けることになりますので、この段階で正式に営業活動が開始できることになります。

 ご不明な点がございましたら、お気軽に当協会までお問合せ下さい。

 公益社団法人石川県宅地建物取引業協会の
会員記章です。
 マークは「宅」を形取ったものです。



宅建協会

 入会手続き時に定款第5条~8条並びに定款施行細則第1条及び第2条の規定に基づき、所定の入会申込書に入会金、年会費等を添え、当協会に納入していただきます。

入会金 年会費
正会員 1,200,000円 正会員 51,000円
準会員 300,000円 準会員 51,000円
  (準会員は正会員の従たる事務所)

保証協会

 保証協会への入会は宅建協会と同時入会となりますので、保証協会所定の入会申込書に入会金200,000円を添え、弁済業務保証金分担金納付書に分担金600,000円を添えて、同時に納入いただきます。なお、保証協会の年会費は6,000円です。

保証協会について
 (公社)全国宅地建物取引業保証協会(略称:全宅保証)は、宅地建物取引業法に基づき、全国の多くの優良な宅地建物取引業者が共同して設立した社団法人で、現在は、公益社団法人に移行し、運営されています。
 一般消費者等を保護するため、宅地建物取引に関する保証と苦情処理を行うのをはじめ、宅地建物取引士等に対する研修、手付金保証及び手付金等保管事業を行うとともに、宅地建物取引業の健全な発展、資質の向上を図ることを目的としています。

入会金返還の場合

 入会金及び会費については、定款第12条の規定に基づき、いかなる場合も返還することはございません。
 ただし、入会が承認されず拒否された場合は、納付されました入会金及び会費は、利息を付けず全額返還いたします。


入会のご案内