ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2017年度

ハトマーク杯第8回石川県8人制サッカーU-10大会、優勝は菊川FC Jr !!

 2017.10.24

 成29年10月21日(土)、22日(日)の両日、白山市の松任総合運動公園グラウンドにて、「ハトマーク杯第8回石川県8人制サッカー U-10大会〔後援:北國新聞社、テレビ金沢、特別協力:㈱モルテン〕」が開催されました。
 この大会は、能登、金沢、白山、加賀の県内4地区で年間リーグを戦い抜いた上位16チームによる決勝大会に位置付けられている、U-10(小学校4年生以下)の最高峰の大会となります。
 
 また、8人制サッカーは、通常と比べ、ボールタッチの回数やゴール前の機会が増えることにより、選手育成に有用とされている制度で、当協会では石川県少年サッカー協会、石川県少年サッカー連盟と連携してその普及に努めています。

 大会第一日目、台風21号の影響が気になる中、午前9時より開会式が行われました。
 開会式では、まず石川県少年サッカー連盟の古西 広 理事長より開会宣言がなされました。優勝杯であるハトマーク杯が返還された後、主催者を代表して石川県宅建協会 萩原 浩 副会長より祝辞が述べられました。次いで、美川FCジュニアの永井蒼空 キャプテンより、元気一杯の選手宣誓が行われ、大会が開幕致しました。

 順調に大会日程は進んで行きましたが、午後になって台風21号の影響により風雨が強まってきました。
 しかし、選手達は肌寒い中、風雨をモノともせず、大人顔負けのプレー・戦術により、白熱した試合が繰り広げられました。
 敗れたチームも敢闘賞を目指して、ビショビショになりながら、一生懸命フレンドリートーナメントを戦いました。


 大会第二日目は、朝から台風21号の影響で大会第一日目より風雨が強く、大会の継続が危ぶまれましたが、台風の再接近が午後以降ということもあり、選手の安全を考慮したうえで、試合時間等を繰り上げる等の対応により、実施致しました。
 残念なのは、選手も楽しみにしていた、毎年大会に華を添えてくれるJumpin'の皆さんのステージが中止となったことです。


 あいにくの嵐でフィールドではなく、室内での表彰式となりましたが、二日間に亘る熱戦を制し、優勝したのは、金沢地区の「菊川FCジュニア」、準優勝は、同じく金沢地区の「テイヘンズFC金沢U-12」、第3位は、加賀地区の「小松北フットボールクラブ」、フレンドリートーナメントを制し、敢闘賞に輝いたのは、能登地区の「内灘FC・ジュニア」でした。


 台風21号の接近という厳しいコンディションの中でしたが、二日間に亘り、素晴らしいプレーを沢山見せてくれた選手の皆様、大会運営にご尽力ご協力を頂いた指導者、ご父兄の皆様、そしていつも子供たちの成長を第一に考えている少年サッカー連盟の皆様、本当にありがとうございました。

 ⇒ 第8回大会結果(トーナメント表)

入会のご案内