ホーム > 便利情報 > お役立ち情報 > 引越しの手引き

引越しの手引き

ロゴ

タイトルバー

 引越しというのは、なかなかの大仕事です。引越し初心者の場合、なにから手をつければいいのか分からないという人も少なくありません。ここでは、ご参考として引越しの準備や諸手続きに関するポイントをご紹介します。

 スケジュールを組もう

 

 引越しが決まったら、まずは転居先の住まいがいつから入居できるようになるのかを、宅建業者あるいは建築業者に確認し、引越し日を決定します。

 引越し日が決まったら運送業者を手配します。いくつかの運送業者に問い合わせて見積もりをとると良いと思います。最近では、引越し業者が荷造りから転居先での荷解きまで、全て行ってくれる場合も多いようですが、予算を抑えるためには、やはり自分で荷造りを行う方が良いかもしれません。ダンボールなどを集めてきて、引越し前日までに荷造りができるようにスケジュールを組みましょう。イラスト①

 スケジュールには、各種の届出、電話・電気・ガス・水道の手配、不用品の処理、住所移転の挨拶状の手配も組み入れます。

 引越し当日は、貴重品や身の回りの品は携帯するようにし、荷物を出したあとには家屋の掃除を行います。ご近所への挨拶もお忘れなく。また、転居先では、家具や食器類などに破損がないか確認しましょう。引越し先でのご近所まわりは、引越し当日でなくとも、あらかた片付けが済んだ後に伺えば良いでしょう。

 家具配置・収納計画

 

 転居先の間取図に、家具をどのようにレイアウトするのか、また、どの部屋にナニを収納するのかを書き込んでおきます。転居先を下見した際に、部屋の天井高や開口部の大きさ、収納スペースの広さなどを採寸しておくと良いでしょう。

 引越し当日には、書き込みをした間取図に基づいて荷物を運び入れてもらいます。また、2階より上の室内へ家具や荷物を運ぶ場合は、階段を通って運ぶことが可能か、あらかじめ確認しておきましょう。

 諸手続きを怠りなく

 

転出証明書

市町村役場で転出証明書を出してもらい、これを転居先の役場に届け出ます。転入の届出は、転居から14日以内とされています。
印鑑登録 転居前の市町村役場に廃止届を出し、転居先の役場に転入の届出をしたのち、あらためて印鑑登録を行います。

国民年金手帳

国民健康保険

年金手帳は、市町村役場で住所の書換えができます。また健康保険は、転居先の市町村役場で新しく交付してもらいます。
運転免許証 転居先が同じ警察署管内であれば、住民票と免許証を持って届けます。他都道府県へ転居した場合は、顔写真も必要になります。
車の登録変更 転居先の陸運支局に、車庫証明・車検証・住民票・印鑑を持参して、車とともに届けます。
転居通知 郵便局で、旧住所宛の郵便物を1年間は自動的に転居先へ転送してもらえるように手続きします。

 荷造りのポイント

 

 食器類などの割れモノは、新聞紙などで包みます。このとき、箱いっぱいに食器を詰め込むのではなく、箱が圧縮されることを考え、髪を詰め込んだ箱の中に食器を埋めるようにして箱詰めします。本などはかなりの重さになるので、小さめのダンボールに小分けに詰めます。また、荷物を詰めたダンボールには必ず中身が何か記しておくと良いでしょう。

便利情報