ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2013年度

小松市と官民懇話会を実施しました!!

 2013.12.19

 平成25年12月18日(水)、サイエンスヒルズこまつ1階「会議室」において、小松市との官民懇話会を実施しました。
 この懇話会は、永らく当協会小松能美ブロックが支部の時代から意見交換・要望の場として小松市様の協力を得て実施してきたものです。
 公益社団法人移行後は、地場の小松能美ブロックの協力の下、当協会と小松市が直接意見を取り交わす場としてシフトしました。


 小松市からは、都市創造部 藤田 稔 部長をはじめ、同部建築住宅課、まちデザイン第2課の担当官の皆様にご出席頂きました。当協会からは、吉本重昭 会長、所管委員会の委員長である木谷和栄 調査研究委員長、そして地場の会員事業者を代表して小松能美ブロックの役員の皆様にご出席頂き、地域の実情・現状を踏まえて、積極的な意見交換が行われました。


 特に北陸新幹線敦賀延伸が決定した以降は、小松市内で敷設に伴う代替地需要の際には、地場の宅建業者を活用することを継続的に申し入れており、小松市も当協会並びに宅建業者と連携していく方針である旨確認しています。
 また、小松市が当県ではじめて条例化した空き家対策についても双方の調査・研究状況を報告すると共に、具体的な対策について議論が行われました。
 加えて、小松駅周辺の再開発、特に旧大和跡地の取り扱いについて、賑わいを創出し、より良いまちづくりに繋げるよう申し入れを行いました。

〔議 題〕
 ① 定住促進制度・空き家対策について
 ② 北陸新幹線について
 ③ 旧大和跡地について
 ④ サイエンスヒルズこまつについて

入会のご案内