空き家をどうするかは所有者の自由ではないのですか?

 所有者には、建物の管理責任があり、建物が倒壊したり、物が落下したりするなどして近隣の建物や通行人などに被害を及ぼした場合、民法の規定によりその建物の所有者は損害賠償などで管理責任を問われることがあります。
 市町によっては、空き家条例により空き家の適切な管理を義務づけているところもあります。
 また、新たな制定された「空き家等対策の推進に関する特別措置法」では、空き家等の所有者等に、空き家等が周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう適切な管理に努めることを責務としています。