何で固定資産税が6倍になるの?

 厳密に言うと、固定資産税が6倍になるわけではありません。
 住宅用地にかかる固定資産税は、1戸につき200㎡以下の敷地部分については、固定資産税の課税標準を評価額の1/6にするという軽減特例があり、都市計画税については同様に、課税標準を評価額の1/3にするという軽減特例があり、皆さんはその特例を受けているのです。
 空き家対策法では、「特定空き家」の指定を受け、かつ、指導助言内容が履行されない場合、又、状況が改善されない場合に、この軽減特例の適用対象から除外(適用されなくなる)されることから、本則課税(正規の税率に戻る)となるため、固定資産税等の金額が大きくなるということです。