MENU

ホーム > 不動産(空き家)相談 > 空き家相談窓口 > 窓口の利用方法

相談窓口のご利用について

 空き家と言っても、未だ利活用可能なものや倒壊寸前のものまで様々な状態であることに加え、空き家を所有しているがどうしたら良いのか?また、売却や解体など何らかの対応を試みようとした場合、どこに相談すれば良いのか分からないなどの声を多く耳にします。
 そこで、県民の住生活・住環境の向上を通じて住みよいまちづくりを目指すハトマークの公益社団法人石川県宅地建物取引業協会では、石川県からの要請を受け、国が実施している「空き家管理等基盤強化推進事業」に参画して国庫補助事業として「空き家総合相談窓口」を開設いたしました。
 相談窓口では、電話・メール等で空き家に関する相談を一括してお受けいたします。
 その中で、専門家の判断が必要と思われるものや登記・解体など有識者・専門業者等による実務を伴うもの等については、本事業趣旨にご賛同頂いた連携して共に地域貢献を目指す専門団体へ、ご相談をお取次ぎさせていただきます。
 これにより、空き家の所有者や地域住民の皆様が空き家に対して抱いているご不安を解消し、不動産に関する専門業務のプロとして住みよいまちづくりの実現を目指すものです。

 

◆相談窓口について
公益社団法人石川県宅地建物取引業協会
電 話:076-291-2255
メール:webmaster@takken-ishikawa.or.jp
時 間:平日月曜~金曜の午前9時~午後5時
休業日:土日祝、当協会が定める休日

開  設:平成27年8月1日(土)
業務開始:平成27年8月3日(月)

 

◆連携体制について


 > 空き家総合相談窓口TOPへ


 

不動産(空き家)相談