ホーム > 入会のご案内 > 情報提供 > 事業報告 > 2018年度

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)被害に対し義援金を寄託しました

 2018.7.30

 この酷暑の中、今もなお、懸命な復旧作業が続いている「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)災害」に対し、平成30年7月20日(金)に開催した第4回理事会において、豪雨災害でお亡くなりになられた方へ黙祷を捧げたうえで、「義援金50万円の寄託、並びに特に被害の大きかった広島県・岡山県・愛媛県の宅建協会へそれぞれ見舞金10万円の送付」が全会一致で可決承認されました。
 これを受け、会員の皆様のお志を添え、平成30年7月25日(水)付で3県宅建協会へ見舞金を送金、平成30年7月26日(木)には、義援金の受付を行っている北陸中日新聞社に50万円の義援金を寄託致しました。
 3県の宅建協会からは、それぞれ御礼の言葉と復旧復興に役立てさせて頂きますとの言葉をお預かり致しました。


平成30年度第1回業務研修会を開催しました!! 出席者は413名!!

 2018.7.27

 平成30年度の第1回業務研修会を7/23(木)金沢会場で午前・午後、7/24(金)小松・能登会場で開催し、413名(うち、会員外17名)の出席者を得て開催致しました。
 会員の皆様は、会員専用サイトから「研修資料」のダウンロード、「研修動画」の閲覧が可能ですので、研修会当日、お仕事の都合等で出席出来なかった方、もう一度復習したいという方は是非ご活用下さい。

 〔研修内容〕
  ① 「宅建業法~実務上の留意点~」
      深沢綜合法律事務所 弁護士 大川隆之 氏


白山市との官民懇話会を開催しました!!

 2018.9.10

 平成30年7月13日(金)午後4時より、松任産業会館3階「研修室」において、「白山市との官民懇話会」を開催し、主に白山ブロックの会員の皆様30名が参加されました。
 懇話会には、白山市より、白山市建政部の松田正之 部長をはじめ、堀 修一 建築住宅課長、喜多悟史 都市計画課長、亥上明玉 土木課長にご出席頂き、石川県宅建協会からは、地元白山ブロックの会員の皆様をはじめ、石川県宅建協会 新谷健二 会長、調査研究委員会の亀田吉生 委員長、吉澤雄一郎 副委員長がご出席されました。
 新谷 会長、木谷 白山ブロック長からの挨拶の後、テーマである「都市計画・開発行為・建築指導等について」に基づき、活発な意見交換が行われ、大変有意義な懇話会となりました。


第5回不動産市況DI調査結果の公表〔基準日:平成30年4月1日〕

 2018.6.22

 第5回目の不動産市況DI調査の結果を公表しました。
 これは、石川県の後援を受け、石川県宅建協会と(公社)石川県不動産鑑定士協会と連携し、土地価格や不動産取引動向について、宅地建物取引業者が感じる過去半年の実感と今後の予想について調査し、回答を集計・統計処理したうえで土地評価等に係る施策の参考とするとともに、その概況を広く一般に情報提供・公開することを目的に実施するものです。
 他の都道府県でも実施されており、価格設定の透明性を確保するための参考指標の一つとされています。

 ⇒ 第5回不動産市況DI調査結果はこちら


平成30年度第2回法定講習会を開催しました!!

 2018.6.7

 石川県宅建協会が石川県から委託を受け、昭和56年4月より実施している「宅地建物取引業法第22条の2第2項に定める宅地建物取引士の更新要件となる法定講習会」の平成30年度第2回目の講習会を平成30年6月6日(水)石川県地場産業振興センター3階「第5研修室」にて実施致しました。
 当日の受講者数は99名でした。


入会のご案内