ホーム > 講習・試験情報 > コンサルティング

不動産コンサルティング専門教育【既存財産管理制度~】【交流会等】のご案内

 不動産コンサルティングマスター(技能登録者)が持つ「技能登録証」の更新要件となる「不動産コンサルティング専門教育講習会」を開講致します。本講習会は、様々な分野ごとにコースが設定され、幅広い高度な知識・技能と業務執行能力を養成する講習会です。
 更新期にあたる不動産コンサルティングマスターの皆様はもちろんのこと、更新期にあたらないマスターの皆様、コンサルティング分野にご興味のある方や、これからマスターの資格取得を目指される皆様も是非ご受講・ご参加下さい。

 今年度は、新たに設定された【既存財産管理制度とプライベートカンパニー、民事信託の比較活用法(変化する相続対策ニーズに対応)】を開講致します。
 また、講習会終了後、立食形式で講師を交えて不動産コンサルティングに関する様々な情報交換・交流を深めて頂く機会としての『交流会(別途:1,000円要)を開催致しますので、そちらも併せてご参加頂き、情報交換の場としてご活用下さい。
 もちろん、不動産コンサルティング分野へご興味のある方、資格取得を目指される方も大歓迎です!!

 お申し込み方法やカリキュラムなど詳細につきましては、下記をご確認下さい。

日  時 平成301213日(木)
   受 付 午前9時30分
   講習会 午前10時~午後5時
   交流会 午後5時~午後6時30分(※ 希望者のみ)
会  場 ホテル金沢 2階「ダイヤモンド」
 金沢市堀川新町1番1号 TEL:076-223-1111
講  師 税理士法人UAP パートナー 後 宏治 氏
           (税理士/公認会計士) 
内  容 ① 高齢者のための老後の安心設計
 高齢者の不安、生前の不安に対する制度、死後の不安に対する制度について理解を深める。
② 現行の財産管理制度
 未成年時、成年時、判断能力低下時の財産管理、死亡前後、遺産分割時の財産管理。
③ 既存制度(民法の贈与等)の限界①
 所有権(物権)の意義、既存制度(民法の贈与等)による所有権の移転。
④ 既存制度(委託契約等)の限界②
 委託契約の限界、4つの壁、財産管理と承継(生前贈与/死因贈与/遺贈/法定相続)
⑤ 民事信託(家族信託)制度の活用法
 信託活用メリット・デメリット、単純な民事信託/受益者連続型/、高齢者福祉信託/事業承継信託、デメリット解説
⑥ プライベートカンパニー活用法
 既存制度の限界を補う仕組み、間接所有による柔軟な財産承継、相続税・法人税・所得税対策が十二分に。

※ 講習会終了後、希望者のみを対象に講師を交えて情報交換の場となる「交流会」がございます。
受 講 料  20,000円(資料代・税込)
参 加 費  1,000円(税込) ※ 当日受付にてお支払い下さい。
申込方法  こちらから「受講申込書」をダウンロードして、申込方法をご確認の上、記載の手続きに沿ってお申し込み下さい。
締  切  平成30年12月7日(金)

 


講習・試験情報