MENU

ホーム > 講習・試験情報 > コンサル専門教育

不動産コンサルティング専門教育【実践・建築コンサルティングコース】のご案内

 不動産コンサルティングマスター(技能登録者)が持つ「技能登録証」の更新要件となる「不動産コンサルティング専門教育講習会」を開講致します。本講習会は、様々な分野ごとにコースが設定され、幅広い高度な知識・技能と業務執行能力を養成する講習会です。
 更新期にあたる不動産コンサルティングマスターの皆様はもちろんのこと、更新期にあたらないマスターの皆様、コンサルティング分野にご興味のある方や、これからマスターの資格取得を目指される皆様も是非ご受講・ご参加下さい。

 今年度は、【不動産相続対策コース】を開講致します。

 お申し込み方法やカリキュラムなど詳細につきましては、下記をご確認下さい。

日  時 令和21215日(火)
   受 付 午前9時30分
   講習会 午前10時~午後5時
会  場 ホテル金沢 2階「ダイヤモンド(予定)」
 金沢市堀川新町1番1号 TEL:076-223-1111
講  師 ダンコンサルティング㈱
  代表取締役 塩見 哲 氏(税理士・経営戦略コンサルタント) 
内  容

1時限:なぜ不動産相続が成長市場になるのか
 人口減少・超高齢社会の到来と個人の富が高齢者に集中している日本の社会における相続市場の大変革を知り、今後の財政と税制の行方を考える。

2時限:民法(親族・相続編)と税法(相続税法)の基本
 民法と相続税法にはかなりの相違点があるため、それぞれの法律の背景を知ることで、相続における考え方を理解し、上手な争族対策につなげる仕組みを知る。

3時限:遺言の考え方と遺産分割の注意点、及び債務相続の対応法
 遺言書の必要性や不動産相続において、遺産分割が大きな影響を与える理由を知るとともに、債務相続は今後の相続対策の大きな一分野を占め出していることを理解する。

4時限:贈与の視点から考える不動産相続
 贈与が相続に与える影響と贈与戦略を上手に活用する手法を理解するとともに、民法における特別受益を前提に捉えた贈与の必要性を考える。

5時限:相続対策としての不動産事業の法人化
 日本の税制は、不動産に関しては個人所有より法人所有が圧倒的に有利な仕組みになっていることを理解して、相続対策の一つとしてその手法を考える。

6時限:不動産の相続税対策、不動産相続コンサルティングの役割
 不動産の相続税対策となる、評価・減少・資金の3つの具体的提案とともに、不動産相続コンサルティングの有り方を理解する。

受 講 料  21,000円(資料代・税込) ※ 価格が改定されています。
申込方法  こちらから「受講申込書」をダウンロードして、申込方法をご確認の上、記載の手続きに沿ってお申し込み下さい。
締  切  令和2年12月8日(火)
そ の 他  新型コロナウイルス感染症対策として、可能であれば講習日前2週間は、北陸三県以外の地域への都道府県を跨ぐご移動はお控え下さい。
 講習日当日は、ご自宅で検温の上、ご来訪下さい。
 当日は、会場での検温、マスク着用、手指消毒等感染症対策のご協力をお願い致します。

 


 

講習・試験情報