MENU

ホーム > 宅建協会のご案内 > 事業報告 > 2020年度

令和2年度第3回開業支援セミナーを開催いたしました!!

2021.3.3

 令和3年3月3日(水)午前10時より石川県不動産会館において、三密対策を徹底し開催いたしました。

 本セミナーは、宅建業の開業を検討している方を対象に、宅建業免許の申請方法や開業のノウハウ、事業展開のあり方、経験者の体験談をご紹介し、開業に向けた一助としていただくために開催するものです。
 同日は、開業を目指す13名(11組)が参加され、いずれの皆様も大変熱心に聴講し、積極的にご質問等もいただきました。

 セミナーでは、最初に当協会事務局より「不動産業や宅建業の形態」や「宅建業の免許申請から開業までの流れ」、「当協会の事業内容」、「統計情報から見る石川県の状況」をご説明させていただきました。

 次いで、日本政策金融公庫 北陸創業支援センターの棚橋隆博 所長より「開業に向けた融資制度」や「計画書作成のポイント」、「宅建業を開業した場合の資金計画」についてご説明いただきました。融資を利用しない場合であっても開業を成功するためには、楽観的な売上に基づいた収支計画ではなく、コロナ禍における厳しめの収支計画を行い、事業を継続するための構想や運転資金の確保が重要であるとご説明いただきました。写真:棚橋所長(開業に向けての資金計画)

 また、はくさん信用金庫 営業戦略本部長の竹本博之 氏より「コロナ禍における県内の融資状況」についてご説明いただきました。不動産業は他業種より開業時の初期費用が安価に抑えられる点や、不動産業者に対する融資状況が明るいなど、開業を後押しいただけるトピックをご提供いただきました。

 当協会人材育成委員会の高澤和浩委員長(常務理事)並びに 吉澤啓爾委員(理事)より、自身が業界に入ってから現在に至るまでの体験談をご紹介させていただき、バブル期やリーマンショック時などの苦しい時代を乗り越えてきた経験者としての助言がなされました。最後のプログラムとして、質疑応答や意見交換を兼ねた相談会も対応させていただきました。


 

令和2年度第2回開業支援セミナーを開催いたしました!!

2021.2.3

 令和3年2月3日(水)午前10時より石川県不動産会館において、三密対策を徹底し開催いたしました。

 本セミナーは、宅建業の開業を検討している方を対象に、宅建業免許の申請方法や開業のノウハウ、事業展開のあり方、経験者の体験談をご紹介し、開業に向けた一助としていただくために開催するものです。
 同日は、開業を目指す16名(14組)が参加され、いずれの皆様も大変熱心に聴講し、積極的にご質問等もいただきました。

 セミナーでは、当協会人材育成委員会の吉澤啓爾委員 並びに 林勤二委員が講師を務め、業界を取り巻く情勢や免許取得までの流れが説明され、加えて自身が業界に入ってから現在に至るまでの体験談等が紹介され、経験者としての助言がなされました。プログラム最後の質疑応答・意見交換を兼ねた相談会も対応させていただきました。写真:林委員(左)、吉澤委員(右)

 次いで、日本政策金融公庫 北陸創業支援センターの棚橋隆博 所長より、開業に向けた融資制度、計画書作成のポイント、宅建業を開業した場合の資金計画について説明がなされました。楽観的な売上に基づく収支を計画するのではなく、厳しめの収支で計画を行い、事業を継続するための構想を立てる必要性を促していただきました。写真:棚橋所長(開業に向けての資金計画)

 また、はくさん信用金庫 営業戦略本部長の竹本博之 氏より、コロナ禍における県内の融資状況について説明がなされました。特に不動産業に対しては、他業種と比較した場合、開業時の初期費用を安価に抑えられる点や不動産業者に対する融資状況が明るいなど、開業を後押しいただけるトピックをご提供いただきました。写真:竹本本部長(県内の融資状況)


 

金沢市との空き家等活用・流通促進体制に関する協定を締結‼

 2020.10.22

 令和2年10月22日(木)午前10時より、金沢市役所第二庁舎 3階「大会議室」において、「金沢市との空き家等活用・流通促進体制に関する協定」の調印式が執り行われました。

 これは、所有者不明であったり、権利者が数世代前のままだったり、法律上の行為能力に制限がかかっていたり、公法上の制限により再建築が出来ない物件であったりと、いわゆる空き家対策において「流通困難」な空き家等を、下記の11団体が連携して、問題を解決し、活用方策を模索するための体制を構築する協定です。

 【参画団体】
  石川県司法書士会
  石川県土地家屋調査士会
  (一社)石川県建築士事務所協会
  (一社)石川県木造住宅協会
  (一社)プレハブ建築協会中央支部北陸協議会
  金沢市建築組合
  金沢地区建築組合連合会
  金沢弁護士会
  (公社)石川県宅地建物取引業協会
  (公社)全日本不動産協会石川県本部
  特定非営利法人金澤町家研究会

 当協会と致しましても、全国に先駆けたこの体制の一角を担うものとして、会員の皆様のご協力を仰ぎ、より良いまちづくりに寄与して行ければと考えております。


 

令和2年度第1回開業支援セミナーを開催いたしました!!

 2020.10.12

 令和2年10月10日(土)午後1時より、石川県不動産会館において開催いたしました。

 本セミナーは、宅建業の開業を検討している方を対象に、宅建業免許の申請方法や開業のノウハウ、事業展開のあり方、経験者の体験談をご紹介し、開業に向けた一助としていただくために開催するものです。

 同日は、開業を目指す9名(8組)が参加され、いずれの皆様も大変熱心に聴講し、積極的にご質問等もいただきました。

 セミナーでは、当協会人材育成委員会の吉澤啓爾委員 並びに 林勤二委員が講師を務め、業界を取り巻く情勢や免許取得までの流れが説明され、加えて自身が業界に入ってから現在に至るまでの体験談等が紹介され、出席された開業希望者に経験者としての助言がなされました。

 次いで、日本政策金融公庫 北陸創業支援センターの棚橋隆博 所長より、開業にあたっての融資制度・実績、創業計画書作成のポイント等、資金計画について説明がなされました。

 また、はくさん信用金庫 営業戦略本部長の竹本博之 氏より、県内の融資状況について説明がなされました。

 最後に、質疑応答・意見交換を兼ねた相談会に移行し、セミナーは午後3時30分に終了しましたが、個別相談として4名が残られ、午後5時頃まで熱心に開業に向けてご相談されました。


 

石川県土地家屋調査士会との意見交換会を開催しました‼

 2020.10.6

 令和2年10月6日(火)午後1時30分より、コロナ対策を施した上で、石川県不動産会館 3階「ホール」において「石川県土地家屋調査士会との意見交換会」を行いました。
 調査士会からは、石野 会長をはじめ、有川 副会長、山上 社会事業部長が、石川県宅建協会からは、新谷 会長、新木 副会長、田中 専務理事、調査研究委員が出席しました。
 石川県宅建協会の新谷会長、調査士会の石野会長よりご挨拶を頂いた後、両団体の事業内容等が紹介され、意見交換会に移行しました。

 意見交換会では、「所有者不明隣地等の境界明示・その取扱い」「境界紛争防止のための取引上の留意事項」「国土調査の推移・現状」「不動産登記制度のあり方」「地図(図面)の種類や精度、その役割」「筆界特定」等、幅広く意見が取り交わされました。
 今後も継続的に意見交換会を開催することで一致しました。

 石川県土地家屋調査士会の皆様、ありがとうございました。


 
 |  1  |  2  |  3  | 次ページへ→

宅建協会のご案内